FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドオピニオン② ~脳腫瘍~

セカンドオピニオン第2回です。

第2回の舞台は「Y医療センター」
ここは国立(?)の病院です。(国立~と名前がついています。)
私の腫瘍の位置辺りをよく手術している先生がいると
紹介して頂きました。

この病院、自宅から2時間以上。
最寄駅からタクシーで15分くらい…
着いた時、入口どこ???ってくらい広くてびっくりしました。
そして、とてもレトロ(>_<)というか、古い。
初診受付のカウンターがお役所の様な感じ。

この病院は、予約のシステムが無く直接診察日に行きました。

ひとまず受付を済ませ、脳外科に行くと…
「???」脳外科の前は人でいっぱい。
脳外科の窓口からかなり離れて座りました。
「H先生」の診察は週1回。
私と同じく紹介状と検査画像を持って
家族と来ている様子の方ばかりでした。

名前を呼ばれ、通された部屋は
「脳神経外科 特別診察室」
なんだか怖いですよね(*_*)

入ると、6畳くらい(?)の診察室で
白衣を着ていない先生が座って、私の検査画像を見ていました。
結構年配な感じ。

挨拶をし話し始めてびっくり…
セカンドオピニオンで来たつもりが
なんだかここで手術を受ける話になっている(>_<)

それと気になったのが、
私の腫瘍は半年で様子を大きく変えているので
再検査の画像を見てもらいたかったのですが
最初の画像しか見ていない様子。

どんどん話は進み、私にはわけが分からない。
疑問ばかりが増えてしまうものの
先生は「私にしか手術出来ない」と言い始めて↓↓↓
自信があるのはよくわかったけど、
「今の画像を見て下さい。」と
言いたかったけど、もちろん言えず…

「では手術の手続きは外でね。」

えぇぇぇ~!!!

とっさに出た言葉は
「一度家族とよく話し合ってから決めたいのですが。」
先生は
「早くしないと、どんどん手術が遅くなるからね。
  みんな決めて帰っているんだから。」

はぁぁぁ~

ひとまず、診察室を出たものの
今度は看護師さんが「では、これでお会計の方へ行って下さい。」
「あの~、検査画像を持ち帰りたいのですが・・・」
私の言葉に、看護師さんはびっくり(ーー;)
「そうですかぁ~」

訳の分からないやり取りの末、なんとか検査画像を返してもらい
お会計。で、またびっくり。
セカンドオピニオンは保険がきかないのでお会計は1万前後。
なのに・・・、1000円以下でした。
それで納得。「ここで手術する為に来たんでしょ」と
言われて当たり前だと思いました。

沢山いた患者さんたちはどうしていたか、というと
みんな「特別診察室」から出てくると
入院の日程を決めていました。
とても深刻な顔。


「検査画像返してもらえてよかったね」と
ついて来てくれた母と話しながら、
変な疲れを感じて帰りました。

手術してもらうのは、命を預けること。
先生との相性もとても大事。と考えていた私は
ひとまず3つ目の病院に気持ちを切り替えました。

私が書きたいことはなんだろう??
読んで下さっているみなさん大丈夫ですか??
突っ込んでくださいね。

実は私、天然ボケ度チェック Aランク。
自分では天然ではないと思ってますが、
ボケボケみたいです(>_<)

では…
次回は、セカンドオピニオン③として書きます。

長いのに、読んで下さった方、
ありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト

テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

命を預ける身になったら
信頼できる先生にお願いしたいですよね。

僕も主治医を変えようという話に
一度なりましたが信頼できる先生を
変えたくなかったので
変えませんでした。

No title

医療に確信はなく、信頼は自らの選択だと、
そのためにセカンドオピニオンがあるのだと習っておりました。

昨年の仕事で、医療に関する保障を案内しており、ある団体のセカンドピニオンアレンジサービスを扱っておりました。

ボクが知っているのは現状のみで、クライアントの実感、決意には遠く及ばない事で歯がゆい思いをしたものです。

皆、迷いや不安と必死に戦っているのですね。

勉強になりました。
ありがとうございます。

Re: セキタイさんへ

信頼できる先生に出会えることは、そうありませんからね。
大切なことだと思います。

病気を治して気持ちをプラスにしていくのも
信頼あってこそなることですよね。

信頼できる先生に出会っているなら
変えるより、患者側が追いかけるくらいでいいですよね!!!

Re: ひっとさんへ

色々な人の考え方
それぞれいろんな思いがあって
それぞれの立場から見て聞いて…なので
不安や、迷いの中から決める権利があるのが患者。
簡単に考えれば、だからセカンドオピニオンがあるのだと思いますが…
なんて、単純に私は考えていました(>_<)

まだまだ日本には浸透していませんよね。
少しずつ浸透し始めている感じでしょうか???

難しいですね。
私は幸せな患者だと思いますが(*^_^*)
ほのぼの時計
地球の名言

presented by 地球の名言
プロフィール

emico

Author:emico
❤❤❤❤❤
埼玉県在住
両親・兄・愛猫2人と同居中

今努力している事
自分を大好きになること

日々の日記…
平凡な日常・恋愛・趣味etc…
時々…闘病記を書いて
いこうかなぁと思います。

H20.1に
脳腫瘍摘出手術…
私の経験が
誰かの役に立てる日が
来ることを願って…
❤❤❤❤❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング
”ぽちっ”と

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。